酒処 はちわれ

わたしの お酒のおつまみ

食について

f:id:Lovexxx:20191112191251j:image

 

以前にも似たようなことを書いたが、ひとの人生とは、まずたくさんの工程が積み重なってできた「日常生活」というものが基盤にあって成り立っているものである。日常生活が成り立っていなければ、いわゆる「人間らしい」と言われる文化的・健康的な人生は送れない。それらを支えている重要な工程のひとつが食事であろう。食事なくては人間の身体でいることすらできないのだから、人間でいることのすべての基礎と言っても過言ではないはずだ。

 

睡眠欲、性欲、食欲を3つ合わせて、しばしば人の三大欲求などと呼んだりする。この欲の中で唯一、ひとの人生に花を咲かせてくれるものが食事であるとわたしは考えている。睡眠が楽しみだというひともいらっしゃるだろうが、わたしにとって、その時間のほとんどは意識のない状態で気がつけば朝であるし、性欲が楽しみだというひとももちろんいるだろうが、それにたどり着くまでには様々な障壁がある。また、性欲とは主に人と人との関わりあいなので、欲とは言えど非常に繊細で難しいものである。それに比べて食欲、食事はどうだろうか。ひとりでもふたりでも、どこでも楽しめるし、食の種類は言葉にできないほど色とりどりかつ豊富である。それに、コンビニで買ったパンを道端で食べるような、誰でもできる簡易的なものから、正装をして時間をかけて食べるような格式高いものまで選ぶことができる。どれを楽しみに思うかは自分の自由なのだ。また、食とは時代とともに発展してきた高度な文化でもある。お寿司にお蕎麦、餃子、ラーメン、パスタ、ピザ……。国や地域、食べる時間帯や宗教などでその姿はどんなものにでも変わってみせる。これを楽しまないで、いつも同じもので済ませてしまう、なんて人は、わたしは非常にもったいないなあ、と思ってしまうのである。

 

昭和の雰囲気残る、粋な純喫茶でいただく、深煎りの香り高い真っ黒なコーヒー。大阪で食べた、寿司下駄に載った脂の輝くハマチが美味しいお寿司定食。金沢で食べた、お盆いっぱいの金沢おでん、おでんの汁をたっぷり吸った大きなお麩、少ししょっぱい素朴なお漬物に薄めのお味噌汁、出汁のきいたきらきら輝く混ぜご飯。金箔が載っていて、その口どけとともに日本酒の味がツーンと鼻に抜けていく、舐めるだけで酔っ払いそうなアイスクリーム。気の置けない人とともに作って食べる、大きな茄子とベーコンのごろごろ入ったトマトソースの大盛りパスタに、きのことアスパラガスいっぱいのほくほくした鮭のホイル焼き。スーパーで買ってきた焼き鳥やお刺身とともにひっかける安酒も、それにしか無い、なんとも言えぬ幸福感がある。

 

目まぐるしく回る忙しいこの毎日、ついつい食事の時間は簡単に済ませてしまいがちだが、たまにはテーブルクロスにかわいい箸置きでも置いて、質の良いお酒と、それに合う味の良い食事を用意し、しっかりと食に向き合う時間があっても良いのではないだろうか。文化として、趣味として、食欲を心から楽しめる大人になりたいものである。